健康診断.com血液検査ガイド生化学検査>LDLコレステロール

LDLコレステロールとは

LDLコレステロールとは、俗に悪玉コレステロールと呼ばれるコレステロールの一種です。HDLコレステロールが血管の壁などに余計に付着しているコレステロールを回収する働きをするのに対して、LDLコレステロール肝臓から末しょう組織へコレステロールを運搬働きをする為、LDLコレステロールが基準値より多い場合、動脈硬化などを誘発する危険性があります。

LDLコレステロールの診断項目とポイント

血液検査における「LDLコレステロール」の基準値や、基準値を超える(不足する)場合に疑うべき病気や治療法・改善方法などを解説します。

LDLコレステロールの基準値(成人)

基準値(男性) 70〜139
基準値(女性) 70〜139
単位 mg/dL

 

LDLコレステロールによる診断ポイント

LDLコレステロールは体内の血管などにコレステロールを運搬する働きがあります。そのため、既に血管にコレステロールが多く付着している場合であっても、LDLコレステロールが多い場合さらにコレステロールを血管に補給し動脈硬化などを引き起こす原因となります。

LDLコレステロールはの値が高い場合、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、大動脈瘤、抹消動脈硬化症などの疾患リスクが高まる事が明らかとなっています。

 

LDLコレステロールの異常により疑うべき病気・原因

以下は、LDLコレステロールの異常により疑う事ができる病気や原因です。ただし、以下に示した病気はあくまでも一例です。異常値であったからといって、すぐに病気というわけではありません。また、他の要因と連動して初めて病気として診断されるケースもありますので、ご注意ください。

・狭心症
・心筋梗塞
・脳梗塞
・大動脈瘤
・抹消動脈硬化症

 

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。