健康診断.com健康診断受診のポイント>健康診断受診前日

健康診断受診前後の過ごし方について

健康診断受診前後の過ごし方では、健康診断を受けるにあたって気をつけておきたい、前日、当日の過ごし方などを解説していきます。

食事について-健康診断受診時の過ごし方-

健康診断における「血糖値」検査においては、定義が空腹時血糖と呼ばれるもので、「前夜から10時間以上絶食し朝食を摂る前に測定した血糖値」とされています。つまり、午前中9時に健康診断を受けるのであれば、遡って、前日の11時以後は絶食しなければならないことになります。

絶食中に摂取してもよいもの

健康診断前日または当日の絶食期間中は食事をしてはいけません。唯一摂取してよいのは「水」です。ノンカロリー飲料やカロリーオフ飲料なら摂取しても良いという方もいらっしゃいますが、こちらもNGです。ノンカロリー、カロリーオフ飲料であってもカロリーが含まれていますので、摂取は控えましょう。

 

前日の飲酒について

通常、人間ドックを除く定期健康診断の説明書きには飲酒をしないように、とは明記されていません。翌日には酒も抜けるからという理由で健康診断前日にも関わらず飲酒をされる方もいらっしゃるようですが、アルコールを分解する為に肝臓はフル稼働することになりますので、検査前日のアルコール摂取はなるべく控えましょう。

 

睡眠について-健康診断受診時の過ごし方-

睡眠時間は普段どおり十分に取るようにしてください。健康診断における検査項目であるインスリン値や血糖値などは睡眠によっても変動します。お仕事などで時間が十分に取れない方もいらっしゃるとは思いますが、8時間程度の睡眠をとれるようにしてください。

 

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。