お行:医学用語辞典

お行に属する医学用語を紹介しています。

O-157

O-157(おーいちごーなな)とは、病原性大腸菌O-157のこと。微量の菌が感染することにより、極めて重篤な症状を呈する。主に、O-157により産生されるベロ毒素と呼ばれる物質により、溶血性尿毒症を引き起こし、死にいたるケースもある。

オッジ括約筋

オッジ括約筋(おっじかつやくきん)とは、胆管と膵管が十二指腸に開口する部位にある括約筋のこと。通常は収縮しているが、必要に応じて弛緩して胆汁を十二指腸に分泌する役割がある。

音楽療法

音楽療法(おんがくりょうほう)とは、音楽を聴いたり演奏することによる生理的・心理的な効果を応用した健康法・代替医療・補完医療。歌唱・演奏を本人が行うものと、音楽を聴くといったじゅどうてきなもののふたつに分類される。

黄疸

黄疸(おうだん)とは、血中にビルリビンと呼ばれるヘモグロビンなどが分解してできる老廃物が増加する事により、全身の皮膚などが黄色くなる状態。主に肝臓・胆道などの病気における特徴的な症状。