つ行:医学用語辞典

つ行に属する医学用語を紹介しています。

対麻痺

対麻痺(ついまひ)とは、左右両方の下肢が麻痺してしまう状態。両麻痺とも呼ばれる。対麻痺がおこる場合、多くは脊髄に対して損傷を負っていることが多い。脳の障害でおこる事もあるが稀である。なお、全身の片側が麻痺するケース(片麻痺)では、脳の損傷による障害である可能性が高い。

椎間板

椎間板(ついかんばん)とは、脊椎を形成している椎骨(椎体)と椎骨の間にある関節と同じような働きをする機構のこと。椎骨に対してかかる負荷をクッションのように吸収する働きがある。なお、椎間板は線維状カプセルが弾性のある髄核を包み込むような構造をしている。

なお、椎間板に関連する病気としては、変形性脊椎症や椎間板ヘルニアなどがある。