副腎皮質刺激ホルモン(ACTH):医学用語辞典

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)に関する用語の解説。

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)をはてなブックマークに追加

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)とは

副腎皮質刺激ホルモン(ふくじんひしつしげきほるもん)とは、下垂体前葉より分泌されるホルモンの一つで、ACTHとも呼ばれる。視床下部・下垂体・副腎皮質系を構成するホルモンで39個のアミノ酸から構成されポリペプチド。視床下部から副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンにより分泌される。

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)はその名前の通り、副腎皮質に作用し、糖質コルチコイド・鉱質コルチコイドといった副腎皮質ホルモンの分泌を促進する働きがある。副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が減少することによりおこる副腎不全を「続発性副腎不全」という。