抗原:医学用語辞典

抗原に関する用語の解説。

抗原をはてなブックマークに追加

抗原とは

抗原(こうげん)とは、異物の侵入から人体を守る免疫反応を引き起こす性質を持つ物質の総称。体内に抗原が侵入すると、人体は抗体と呼ばれる物質をつくり抗原と結合させてその働きや毒性を抑えようとする。

通常、抗原としての代表は、細菌、ウイルス、人為的な注射によるタンパク質などが挙げられるが、この他にも、自己免疫疾患により自分の体を構成している物質を体が抗原と見なして攻撃する場合もある。また、アレルギー反応を引き起こす花粉なども抗原の一種である。なお、アレルギー反応を引き起こす抗原については、特にアレルゲンというように呼ぶ場合もある。