抗体:医学用語辞典

抗体に関する用語の解説。

抗体をはてなブックマークに追加

抗体とは

抗体(こうたい)とは、体内に侵入した抗原の刺激により自己防衛の為に体が作り出す物質の事。抗体は主に血中や体液中に存在し、体内に侵入した細菌やウイルスなどの微生物や、これらに感染した細胞を抗原と認識し結合する。

抗体が抗原と結合すると、その抗体と抗原の複合物を白血球やマクロファージなどの食細胞が認識し対外から除去するように働いたり、リンパ球などの免疫細胞が結合し免疫反応を引き起こす。
このことにより、抗体はヒトの感染防御機構として働いている。

なお、抗体という表記は抗原に対して結合する機能を指す言葉で、物質としては「免疫グロブリン(Ig)」と表記される。