抗ヒスタミン剤:医学用語辞典

抗ヒスタミン剤に関する用語の解説。

抗ヒスタミン剤をはてなブックマークに追加

抗ヒスタミン剤とは

抗ヒスタミン剤(こうひすたみんざい)とは、ヒスタミンの受容体と結合する事により、アレルギー反応の過程で放出される遊離ヒスタミンという物質とヒスタミン受容体への結合を阻害し、アレルギー反応を抑える効果がある薬の総称。特にH1受容体拮抗薬を指す。アレルギーの症状などを抑えるが、抜本的な治療薬ではない。

抗ヒスタミン剤の主な用途としては、花粉症を始めとした各種アレルギー症状の緩和、風邪などの諸症状緩和、睡眠改善薬、乗り物酔いの改善薬として用いられる。
また、抗ヒスタミン剤は、中枢神経に作用する事から強い眠気を誘うという副作用がある。そのため、自動車の運転や危険作業などは抗ヒスタミン剤服用中はなるべく避けた方が良い(睡眠改善薬、乗り物酔い改善薬はこの眠気を誘う副作用を逆利用したもの)