抗不安剤:医学用語辞典

抗不安剤に関する用語の解説。

抗不安剤をはてなブックマークに追加

抗不安剤とは

抗不安剤(こうふあんざい)とは、大脳辺縁系に対して作用して、不安や緊張、抑うつなどの症状を軽減する薬で、向精神薬の一種。神経症や心身症、不眠症、PTSDなどの患者に対して処方される。マイナートランキライザーとも呼ばれ、向精神薬の中では副作用は弱めである。

抗不安剤の大半は、ベンゾジアゼピン系であることから、特有の副作用が認められる。特に、アルコールとの併用は推奨されない。また、長期的な服用による依存や急な抗不安剤服用停止による離脱症状を引き起こす可能性もあるため、利用や服用の停止などに当たっては医師や薬剤師と相談する必要がある。