三環系抗うつ剤:医学用語辞典

三環系抗うつ剤に関する用語の解説。

三環系抗うつ剤をはてなブックマークに追加

三環系抗うつ剤とは

三環系抗うつ剤(さんかんけいこううつざい)とは、抗うつ剤の一蹴。構造中にベンゼン環を量単位含む環状構造が3つあるということが共通の特徴。第1世代、第2世代の抗うつ剤としても分類される。

三環系抗うつ剤は神経伝達物質に慣用する神経細胞受容体に作用し、遊離しているノルアドレナリンやセロトニンを増加させる働きをする。なお、三環系抗うつ剤は服用を始めてから効果がでるまで通常1-2週間は必要となる事に留意する必要がある。

三環系抗うつ剤の代表的な薬剤としては、

・塩酸イミプラミン
・塩酸クロミプラミン
・塩酸ロフェプラミン
・塩酸アミトリプチリン
・塩酸ノルトリプチリン
・カルピプラミン

などが代表的である。