ジギタリス剤:医学用語辞典

ジギタリス剤に関する用語の解説。

ジギタリス剤をはてなブックマークに追加

ジギタリス剤とは

ジギタリス剤(じぎたりすざい)とは、心筋に直接作用しその収縮力を高める薬。強心剤として特に、うっ血性心不全の特効薬として用いられる。ただし、服用量を間違うと、ジギタリス中毒と呼ばれる副作用を招く恐れがあることから注意も必要である。

ジギタリス剤の過剰摂取によるジギタリス中毒としては、以下のような症状が現れる。ジギタリス剤を服用中に以下の症状が出た場合はただちに主治医に相談すること。
・視力障害
・色覚の変化
・視野に見えない部分がある
・かすみ目
・食欲不振
・悪心
・不規則な脈拍 など


余談ではあるが、ジギタリスはゴマノハグサ科の植物であり、ジギタリス剤も昔はこの植物から抽出していた(現在では科学的に合成されている)。花が美しい事から園芸用としても利用されている。