消化酵素剤:医学用語辞典

消化酵素剤に関する用語の解説。

消化酵素剤をはてなブックマークに追加

消化酵素剤とは

消化酵素剤(しょうかこうそざい)とは、食物に含まれているタンパク質、炭水化物、脂肪などの各種栄養素を消化する消化酵素が配合された薬の総称。主に食欲不振、消化不良などの消化器不全の症状において改善薬として処方される。

通常、消化酵素と呼ばれるものは人体内で生成されており、主な消化酵素を含む分泌液としては、「唾液」「胃液」「膵液」「腸液」などが挙げられる。

タンパク質消化酵素
・ペプシン
・レンニン
・トリプシン
・キモトリプシン
・エラスターゼ
・カルボキシペプチターゼ

炭水化物消化酵素
・アミラーゼ
・マルターゼ
・ラクターゼ

脂肪消化酵素
・リパーゼ