アレルゲン:医学用語辞典

アレルゲンに関する用語の解説。

アレルゲンをはてなブックマークに追加

アレルゲンとは

アレルゲン(あれるげん)とは、体内に異物が侵入した際にアレルギー反応がおこる抗原を指す。大きく分類すると、一般的アレルゲン・職業性アレルゲンに分類することができる。最も一般的なアレルゲンは「花粉」「ハウスダスト」などが挙げられる。

特に、花粉をアレルゲンとするアレルギー反応を花粉症と呼ぶ。

大きくアレルゲンを分類すると以下のように分類することができる。

・一般的アレルゲン
 |-吸入性アレルゲン
   |-室内塵(ハウスダスト。ダニの虫体・糞など)
   |-皮屑(フケ。とくにペットのフケなど)
   |-花粉(スギ花粉、ヤシャブシ花粉、イネ科花粉、キク科花粉など)
   |-真菌(カビ。とくにアルテルナリア)
   |-昆虫(ユスリカ、ゴキブリ等)
 |-刺咬性アレルゲン(蜂に刺されるなど)
 |-食餌性アレルゲン(大豆、卵、牛乳など)
 |-薬剤性アレルゲン(注射・内服。ペニシリンなど)
・職業性アレルゲン(吸入・接触性)
 |-動物の体成分・排泄物
 |-植物性微細物質(粉塵等)
 |-薬剤(ペニシリンなど)