トランキライザー:医学用語辞典

トランキライザーに関する用語の解説。

トランキライザーをはてなブックマークに追加

トランキライザーとは

トランキライザーとは、抗不安薬(精神安定剤)のこと。メジャートランキライザーとマイナートランキライザーの二種類があり、共に中枢神経系に作用するが、メジャートランキライザーは統合失調症に用いられ、マイナートランキライザーは主に神経症、うつ病、心身症などに利用される。

さらに、トランキライザーは効果が持続する時間によっても分類ができ「短時間作用型」「中時間作用型」「長時間作用型」「超長時間作用型」がある。

主な、トランキライザーは副作用が比較的少ないとされているが、本剤のほとんどはベンゾジアゼピン系薬剤である為、ベンゾジアゼピン特有の副作用がある。特にアルコールとの併用は勧められず、一部の薬剤ではベンゾジアゼピン健忘を引き起こす可能性がある。この他、眠気を誘発するため危険作業や車の運転などはトランキライザーを服用する際は行ってはならない。