尿糖:医学用語辞典

尿糖に関する用語の解説。

尿糖をはてなブックマークに追加

尿糖とは

尿糖(にょうとう)とは、尿中に含まれている「ブドウ糖」のこと。通常健康な人からはほとんど検出される事はないが、糖尿病患者などは尿中に糖が排出されることから、健康診断などにおいて尿検査で検査される項目である。

血糖値がおよそ180mg/dLを超える場合、腎臓における尿細管でグルコースの再吸収が追いつかなくなることから、尿に対しても糖分が排出される事になる。そのため、尿糖自体は糖尿病の原因というわけではなく、糖尿病の結果として尿糖が上昇するという事になる。

なお、糖尿病の検査を行う場合は、尿糖検査よりも血液検査における血糖値検査の方がより正確である。