バルビツール酸誘導体:医学用語辞典

バルビツール酸誘導体に関する用語の解説。

バルビツール酸誘導体をはてなブックマークに追加

バルビツール酸誘導体とは

バルビツール酸誘導体(ぶrびつーるさんゆうどうたい)とは、催眠鎮静剤の一つで抗てんかん薬として使用されることが多い。各誘導体は抗てんかん、麻酔作用、睡眠作用、鎮静作用を持つ。ただし、ベンゾジアゼピン誘導体の搭乗により、利用の機会がほとんど失われてしまっている薬剤でもある。

バルビツール酸誘導体の薬として
・バルビタール
・フェノバルビタール
・アモバルビタール
・セコバルビタール
・ペントバルビタール

などがある。