ビグアナイド剤:医学用語辞典

ビグアナイド剤に関する用語の解説。

ビグアナイド剤をはてなブックマークに追加

ビグアナイド剤とは

ビグアナイド剤(びぐあないどざい)とは、糖尿病治療薬のひとつ。筋肉および脂肪組織において糖の消費を促進すると共に腸からの糖吸収を抑制し、血糖値を下げる作用を持つ。

ビグアナイド剤は、長い歴史を持つ経口血糖降下剤で、昔からSU剤(スルホニル尿素剤)と並んで広く利用されてきた。
近年では、ビグアナイド剤がSU剤と異なり、インスリンの分泌を促進することなく血糖値を降下させることが分かったことから、再評価されている。

主なビグアナイド剤としては、
・メトフォルミン(グリコラン・メルビン など)
・ブフォルミン(ジベトスB など)

が主に利用されている。