非ステロイド性抗炎症剤:医学用語辞典

非ステロイド性抗炎症剤に関する用語の解説。

非ステロイド性抗炎症剤をはてなブックマークに追加

非ステロイド性抗炎症剤とは

非ステロイド性抗炎症剤(ひすてろいどせいこうえんしょうざい)とは、強力な抗炎症作用を持つステロイド剤の長所を活かしながら、ステロイド剤の強い副作用を最小限に抑えるように開発された薬。鎮痛・解熱効果を併せ持っている。NSAIDs(Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)と表記される事もある。

非ステロイド性抗炎症剤には、選択性非ステロイド性抗炎症剤と非選択性非ステロイド性抗炎症剤があり、非選択性の非ステロイド性抗炎症剤としては、「アスピリン」を始めとしたサリチル酸、ジクロフェナク、インドメタシン。イブプロフェン、ケトプロフェン、ナプロキセン、ピロキシカムなどが代表的。

日本で有名な「バファリン」などはアセチルサリチル酸とダイバッファーHTなどの制酸剤の合成薬品である。