肥満細胞(マスト細胞):医学用語辞典

肥満細胞(マスト細胞)に関する用語の解説。

肥満細胞(マスト細胞)をはてなブックマークに追加

肥満細胞(マスト細胞)とは

肥満細胞(マスト細胞)とは、人体の中において血液やリンパといった結合組織に存在する大型の細胞。アレルギー反応尾を引き起こす抗体(花粉などの抗原)を付着させて、炎症の原因となる化学伝達物質(ヒスタミンやへパリンなど)を放出する。マスト細胞とも呼ばれ、ランゲルハンス細胞と共に、炎症および免疫などの生体防御に重要な役割を持つ細胞である。