ビリルビン:医学用語辞典

ビリルビンに関する用語の解説。

ビリルビンをはてなブックマークに追加

ビリルビンとは

ビリルビン(びりるびん)とは、古くなった赤血球におけるヘモグロビンが肝臓において破壊されてできる胆汁色素のこと。肝機能が低下してしまうと、肝臓においてビリルビンの処理が上手く行うことができなくなるため、血中に貯まってしまう。なお、ビリルビンの値が多くなる事で、黄疸が発生する。

上記の性質から、ビリルビンは血液検査において、肝臓機能検査項目として活用されている。

関連項目
総ビリルビン(TB)
直接ビリルビン(DB)