フェノチアジン系抗精神病薬:医学用語辞典

フェノチアジン系抗精神病薬に関する用語の解説。

フェノチアジン系抗精神病薬をはてなブックマークに追加

フェノチアジン系抗精神病薬とは

フェノチアジン系抗精神病薬(ふぇのちあじんけいこうせいしんびょうやく)とは、強力な精神安定作用のある薬の一系統。

フェノチアジン系抗精神病薬の代表的な薬剤としては以下の薬剤が挙げられる。

・クロルプロマジン(コントミン、ウインタミン)
・レボメプロマジン(ヒルナミン、レボトミン)
・チオリダジン(メレリル)
・フルフェナジン(フルメジン、デポ剤としてフルデカシン)
・プロペリシアジン(アパミン、ニューレプチル)
・ペルフェナジン(ピーゼットシー、トリホラン、トリオミン)

()内は代表的な商品名