プロゲステロン(黄体ホルモン):医学用語辞典

プロゲステロン(黄体ホルモン)に関する用語の解説。

プロゲステロン(黄体ホルモン)をはてなブックマークに追加

プロゲステロン(黄体ホルモン)とは

プロゲステロン(黄体ホルモン)とは、黄体(排卵後の卵胞)から分泌される女性ホルモンのこと。子宮内膜の増殖を促進し、子宮内に受精卵が着床しやすい環境を作る働きがある。また、妊娠時には、妊娠中期以降になると、胎盤からも分泌される。

プロゲステロンは上記のほかにも、乳腺発達、血糖値の正常化、血ア脂肪減少、利尿作用、他のホルモンバランスを調整するといった効果もある。

そのため、プロゲステロンクリームやプロゲステロンサプリメントなどが販売されており、更年期障害や生理前後の不調緩和剤として専用クリームやサプリメントなどが販売されている。