β遮断剤:医学用語辞典

β遮断剤に関する用語の解説。

β遮断剤をはてなブックマークに追加

β遮断剤とは

β遮断剤(べーたしゃだんざい)とは、心臓の興奮を高めたり、血管収縮をさせたりする交感神経におけるβ受容体という神経受容体をブロックする薬で、主に高血圧の治療などに用いられる。心拍量や心拍数を減る事により心臓の負担が軽減され、血圧の降下作用もある。