ペラグラ:医学用語辞典

ペラグラに関する用語の解説。

ペラグラをはてなブックマークに追加

ペラグラとは

ペラグラ(ぺらぐら)とは、ナイアシン欠乏症(ニコチン酸欠乏症)のことを指す。ナイアシンの欠乏により手足や顔、首などに皮膚炎が起こる。また、下痢や頭痛、めまい、神経障害などの症状を引き起こす。さらに、ナイアシン不足が続くと、脳機能にまで影響を与え、ノイローゼなどの原因となることもある。

なお、ナイアシンは必須アミノ酸の一つである「トリプトファン」から体内で生合成する事ができるため、トリプトファンが不足することによりペラグラを引き起こす事もある。

なお、ナイアシンはそのまま摂取することもでき、たらこ、かつおレバーなどの食材に多く含まれている。ナイアシンは水溶性ビタミンの一種であるため、過剰症の危険性は少ない。