乏尿:医学用語辞典

乏尿に関する用語の解説。

乏尿をはてなブックマークに追加

乏尿とは

乏尿(ぼうにょう)とは、1日に通常排泄される尿量(およそ1500~2000cc)よりも異常に少ない量の排尿しかおこなえない状態を指し、通常乏尿は1日400~500cc以下の量尿となった場合を指す。乏尿の大きな原因としては、腎臓病、肝臓病、心不全などがその原因とされる。

なお、一般的な飲食を行っている場合は、1日に一定の溶質を尿中に排泄する必要があるが、それに最低でも必要な尿量は400cc必要とされる。つまり、乏尿により一日の尿排出量が400cc以下になると、溶質の排出が不十分となり、体内に溶質が蓄積し、「高窒素血症」となる。