発疹:医学用語辞典

発疹に関する用語の解説。

発疹をはてなブックマークに追加

発疹とは

発疹(ほっしん)とは、皮膚に生じて目に見える様々な変化の総称を指す。通常、発疹の形や配列、分布、かゆみなどの様々な要素や発生する部位などからそれぞれの発疹には異なる名前がつけられる。

以下は、発疹の分布、配列、形、色、かゆみなどにより分類した発疹の種類である。

・紅斑(こうはん)
・紫斑(しはん)
・白斑(はくはん)
・色素斑(しきそはん)
・丘疹(きゅうしん)
・結節(けっせつ)
・苔癬(たいせん)
・苔癬化(たいせんか)
・腫瘤(しゅりゅう)
・水疱・小水疱(すいほう・しょうすいほう)
・膿疱(のうほう)
・膿腫(のうしゅ)
・膿瘍(のうよう)
・膨疹(ぼうしん)
・びらん
・潰瘍(かいよう)
・硬化(こうか)
・萎縮(いしゅく)
・鱗屑(りんせつ)
・壊疽(えそ)