無尿:医学用語辞典

無尿に関する用語の解説。

無尿をはてなブックマークに追加

無尿とは

無尿(むにょう)とは、名前の通り一日に排泄される標準的な尿量(1500~2000cc)に対して極端に尿の排出が少ない状態を指し、通常一日50~100ccしか排出されない状態を指す。無尿は腎臓からの尿の分泌が停止していることを示し非常に危険な状態である。

無尿は播種性血管内凝固症候群(DIC)などが原因で起こり、早期診断と早期治療が求められる重篤な状態である。