拘縮:医学用語辞典

拘縮に関する用語の解説。

拘縮をはてなブックマークに追加

拘縮とは

拘縮(こうしゅく)とは、関節包外の軟部組織が原因となって発生する関節可動制限のことを指す。関節が曲がったままの状態となる屈曲拘縮と、伸ばしたままの上体となる伸展拘縮の二種類に分類される。また、皮膚性拘縮、結合組織性拘縮、筋性拘縮といったように拘縮する原因別に分類されることもある。五十肩などでが拘縮のおこる代表的な疾患である。

また、病気以外にも、高齢者の寝たきりによる筋肉が固まって動かなくなったり、火傷などを通じて皮膚にケロイドや脂厚性瘢痕などができることによるおこる拘縮もある。皮膚性拘縮の場合は外科手術を行う必要がある。