骨密度:医学用語辞典

骨密度に関する用語の解説。

骨密度をはてなブックマークに追加

骨密度とは

骨密度(こつみつど)とは、骨を構成しているカルシウムを始めとしたミネラル類だどれくらい詰まっているかを表すもので、骨の強さを示す指標である。一般的には20代をピークとしてその後徐々に減少していく傾向がある。骨粗鬆症予防の観点からも定期的な骨密度の計測を行いたい。

特に、女性の場合は更年期以後(閉経以後)エストロゲンという女性ホルモンの減少により骨密度が低下しやすくなる。

なお、骨密度の測定方法としては大きく「超音波法による骨密度測定」「DEXA法(デキサ法)による骨密度測定」「MD法による骨密度測定」が一般的です。

超音波法
測定装置に足(かかと)を乗せて骨密度を測定します。X線を利用しないためどこでも利用できることから、医療機関でなくても骨密度を測定できます。


DEXA法(デキサ法)
DEXA法(2強度X線吸収測定法)は骨密度の評価にために、大腿骨と腰椎をスキャンし骨密度を調査します。大腿骨と腰椎は骨粗鬆症の患者が最も骨折しやすい部位ですので、骨粗鬆症の程度を調べるのに有効です。
※いずれの方法にしても骨密度を計測する場合多少の誤差はあります。