過酸化脂質:医学用語辞典

過酸化脂質に関する用語の解説。

過酸化脂質をはてなブックマークに追加

過酸化脂質とは

過酸化脂質(かさんかししつ)とは、脂肪の中にある「不飽和脂肪酸」とよばれるものが、空気中の酸素を吸収し、過酸化物を生成した状態のこと。過酸化脂質は老化の促進や動脈硬化を進行させるリスクファクターの一つといわれている。