カテコールアミン:医学用語辞典

カテコールアミンに関する用語の解説。

カテコールアミンをはてなブックマークに追加

カテコールアミンとは

カテコールアミン(かてこーるあみん)とは、主にドーパミン(DA)、ノルアドレナリン(NA)、アドレナリン(A)の3種類の総称で。神経の接続部分で働く神経伝達物質で脳や交感神経などに分布する。カテコールアミンは副腎髄質の腫瘍(褐色細胞腫)により異常分泌されることがある。

カテコラミンとも呼ばれ「カテコール核」を有するアミンのこと。人体では「チロシン」により生合成される。