薬の体内動態:医学用語辞典

薬の体内動態に関する用語の解説。

薬の体内動態をはてなブックマークに追加

薬の体内動態とは

薬の体内動態(たいないどうたい)とは、体内に取り込まれたお薬が目的の臓器に到達して薬効を発揮して、体外へと排出されるまでの吸収・分布・代謝・排泄の4過程を指す。

なお、薬(薬物)の体内動態はそれぞれを

・吸収(absorption)
・分布(distribution)
・代謝(metabolism)
・排泄(excretion)

の頭文字をとり「アドメ」とも呼ばれる。