傾眠:医学用語辞典

傾眠に関する用語の解説。

傾眠をはてなブックマークに追加

傾眠とは

傾眠(けいみん)とは、放置しておくと眠り込んでしまうが、叩いたり声を掛けたりすることで目を覚ます状態の事を指す。過眠症・傾眠症などともいう。原因としては、「反復性混迷(エンドゼピン混迷)」「肝臓病などの代謝性疾患」「ナルコレプシー」「周期性傾眠症」が考えられる。

なお、傾眠よりも症状が重篤で、刺激を加えてもなかなか目覚めない場合は「嗜眠」と呼ばれる。