ヒスタミン:医学用語辞典

ヒスタミンに関する用語の解説。

ヒスタミンをはてなブックマークに追加

ヒスタミンとは

ヒスタミン(ひすたみん)とは、活性アミンの一種。好塩基球やECL細胞がヒスタミンの産生細胞として知られているが、通常時は細胞内の顆粒に保存されており、外部からの刺激により細胞外へと放出される。作用として、血圧降下、平滑筋収縮、血管拡張などの薬理のほか、アレルギー反応や炎症の原因ともなる。

この他、神経組織においてヒスタミンは神経伝達物質としても働き、音や光といった外部刺激や情動、空腹、体温の上昇といった内部刺激によっても放出が促進されれる。

なお、このヒスタミンが過剰に分泌される事によりヒスタミン1型受容体(H1受容体)と呼ばれるタンパク質と結合しアレルギー疾患(鼻水、発赤・かゆみ・浮腫・痛み・気管支収縮など)を引き起こす。このヒスタミンの分泌を抑制するのが抗ヒスタミン剤である。