5年生存率:医学用語辞典

5年生存率に関する用語の解説。

5年生存率をはてなブックマークに追加

5年生存率とは

5年生存率(ごねんせいぞんりつ)とは、医学統計で主に癌の治療効果などを測定するために用いられる指標。診断から5年後に生存している患者比率を示す。1年生存率や10年生存率といった統計もあるが、5年生存率が最も用いられる。

5年生存率は前述の通り診断から5年後の生存率を示したもので、通常は%(パーセント)で表現される。この中でも大きく該当する疾病(癌)により死亡した人を死亡者として計算する方法と、癌以外の病気・事故を含めた死亡率を出す場合がある。

なお、通常癌治療の分野では、5年以内に再発が無い場合「治癒」とみなされる。