カタル症状:医学用語辞典

カタル症状に関する用語の解説。

カタル症状をはてなブックマークに追加

カタル症状とは

カタル症状(かたるしょうじょう)とは、咳や鼻水(鼻づまり)、咽頭(喉)の痛みといった諸症状のことを指す。一般的には、風邪(普通感冒)をひいた際の症状とされ、こうした症状がでている期間のことをカタル期とも呼ぶ。

こうしたカタル症状は風邪の症状として知られていることから、カタル症状が出ている=風邪と診断されることが多い。ただし、他の疾病などにおいてはこうしたカタル症状が出ることもあるので注意が必要である。