ミュータンス菌:医学用語辞典

ミュータンス菌に関する用語の解説。

ミュータンス菌をはてなブックマークに追加

ミュータンス菌とは

ミュータンス菌とは、連鎖球菌の一種。人間の口内に存在しておりう触(虫歯)の原因となる最近の一つ。1924年に発見された。ミュータンスと呼ぶ場合はおよそ7種類の菌が存在する異なっているが、ヒトの口腔内に存在するのはそのうちの2種である。

ミュータンス菌は口内において食べかすなどを栄養源にそれを分解する。その分解の家庭において強い酸を生成し、その酸により歯がう触することになる。(虫歯の原因になる)
作られた酸(乳酸)により口内は酸性となる。通常口内がでは唾液により極端な酸性にpHがならないように調整が働くが、プラーク(歯垢)内はその作用が弱くなるため、虫歯になりやすい。