耐性菌:医学用語辞典

耐性菌に関する用語の解説。

耐性菌をはてなブックマークに追加

耐性菌とは

耐性菌(たいせいきん)とは、抗生物質により従来は駆除できていた細菌が、抗生物質の乱用などの原因により、そうした物質を無毒化する因子を身に着けた細菌のことを指す。例えば、従来のブドウ球菌には代表的な抗生物質ペニシリンが効果的であったが、このペニシリンにより殺菌できないブドウ球菌も現れている。

なお、ペニシリンに対して耐性を手に入れたブドウ球菌のことをペニシリン耐性を持つブドウ球菌といったように表現される。

なぜ、こうした耐性を持つ細菌(耐性菌)が生まれるかについては、抗生物質が利用されることで、細菌がそうした作用から逃れようとする生体機構の働きによるものとされている。なお、こうして耐性を得た細菌は、遺伝により薬物に対する耐性を継承するとされいる。