常在菌:医学用語辞典

常在菌に関する用語の解説。

常在菌をはてなブックマークに追加

常在菌とは

常在菌(じょうざいきん)とは、人の体に存在している最近の中でも多くの人が共通して持っているもので、病原性を示さない細菌類のことを指す。通常は、人体のそれぞれの場所にそれぞれの常在菌が存在していることが多い。基本的には無害で、人間と共生関係にある細菌だが、免疫力が低下している場合などには日和見汗腺を引き起こすことがある。

逆に、常在菌が多数安定的に存在することにより、その他の病原性を持つ細菌の繁殖を抑えるなど人にとってプラスのメリットも持っている。