健康診断.com健康管理ガイド>薬の使い方ガイド

薬の使い方ガイドについて

薬の使い方ガイドでは、私たちの健康管理に手軽に役立つ市販薬ですが、使い方を正しく知っている方は少ないのではないでしょうか?ここでは市販薬についての種類とその特徴、利用法などをわかりやすく解説します。

薬が効くしくみ

そもそも薬を飲む(塗る)ことによって効果を発揮するというのは、実際に私たちの体内でどのような働きが起こっているのでしょうか?薬が効く仕組みでは、実際に使った薬というものが体内においてどのような作用を引き起こしているのかを解説します。

 

薬と副作用

薬は主に病気や症状の治療や緩和を目的として利用されますが、その目的の効果を「主作用」と呼び、それ以外の作用を「副作用」といいます。薬というものは、体に対して作用するもので、どこか一点だけでなく、大なり小なり何らかの作用を示します。どんな薬でも副作用は存在しています。ここでは副作用のしくみと副作用を引き起こしにくくするためのアドバイスを行います。
用法用量を守る
肝機能の状態により薬の作用は変化する
妊婦・新生児・高齢者についての注意事項
いつもの薬といって過信しない

 

薬の種類と特徴

薬の種類と特徴では、市販薬から処方薬まで、様々な薬の効果や効能についてそれぞれをわかりやすく解説していきます。

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。