抗ヒスタミン薬:薬の種類と特徴

抗ヒスタミン薬について

抗ヒスタミン薬とは

抗ヒスタミン薬(こうひすたみんやく)とは、アレルギー性疾患による症状を抑える対症療法薬。効果は比較的早いが前述の通り対症療法薬であることから、アレルギー自体を治療するものではない。内服薬、点鼻薬、点眼薬の3種類が主流。

大きくは、アレルギー症状である花粉症などの対症療法に用いる。症状を一時的に抑える作用がある。ただし、抗ヒスタミン薬は相対的に眠気を催すという副作用があることから、服用後の自動車運転や危険作業などは控えるべきである。また、アルコールと同時摂取すると催眠効果がより高まるので注意が必要。このほかにも、総合感冒薬(風邪薬)と服用すると相互作用が起こることもあるので、使用前には薬剤師に相談すること。

楽天で探す: 抗ヒスタミン薬