健康診断.com健康診断の種類定期健康診断定期健康診断に関する罰則規定>定期健康診断結果の保存義務

定期健康診断結果の保存義務について

法廷健康診断の受診結果については、各労働者ごとに「健康診断個人票」を作成し、事業所に最低5年間保存する義務が事業者に課せられています。さらに、常時50名以上の労働者を使用する事業所の場合、健康診断結果を労働基準監督署に提出せねばなりません。

健康診断結果の保存について

健康診断の結果は会社に保存しなくてはなりませんが、その際注意すべきは個人情報の取扱です。健康診断結果は極めて高いプライバシーの一つでありますので、その保存については細心の注意を払う必要があります。

なお、労働者が健康診断の結果は個人情報であるため、会社には見せたくない(保存させたくない)。と主張する方もいるかもしれませんが、定期健康診断は労働者が自身の健康状態を知るという事、以外にも医師の所見や健康状況に合わせて「従業員を健康的に労働させる為の活用」が会社側に求められているのです。

当然ですが、その際会社が保存する個人データに対する安全管理などの対策を講じることは従業員からの信頼を得るという意味でも必要不可欠です。

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。