ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤):医学用語辞典

ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)に関する用語の解説。

ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)とは

ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)とは、副腎皮質からごく微量に分泌されているホルモンを働きを化学的に合成した薬の総称。炎症を強力に抑える効果や体内の抵抗力を高めるなどの作用があるが、強い副作用もある。

ステロイド剤は内服薬・ステロイド外用薬・吸引ステロイド・点滴・座薬・点眼薬など様々な形態が存在し、処方薬以外にも市販薬としても販売されている。

主に、ステロイド剤は、リンパ球の働きを抑え炎症を抑制することができるため、気管支喘息やアトピー性皮膚炎を代表とするアレルギー性疾患のほか、膠原病や多発性硬化症といった自己免疫疾患に対する治療薬としても利用されている。
ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)は非常に効能が高い半面で副作用も非常に大きく、ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)の使用にあたっては、慎重に判断する必要がある。