ベンゾジアゼピン系抗不安剤:医学用語辞典

ベンゾジアゼピン系抗不安剤に関する用語の解説。

ベンゾジアゼピン系抗不安剤とは

ベンゾジアゼピン系抗不安剤(べんぞじあぜぴんけいこうふあんざい)とは、抗不安剤の一種で最も多く利用されている薬剤の一系統。ベンゼン環、ジアゼピン環、アリール環により構成されており、脳の中枢神経におけるGABA受容体の作用を亢進し、中枢神経の信号伝達を抑制することにより、不安や脳の興奮などを抑制する作用を持つ薬剤である。

代表的なベンゾジアゼピン系抗不安剤として

・アルプラゾム
・オキサゾラム
・クロキサゾラム
・クロルジアゼポキシド
・ジアゼパム

などが挙げられる。特に、「ジアゼパム」は最も多く利用されている。