ポリペプチド系薬剤:医学用語辞典

ポリペプチド系薬剤に関する用語の解説。

ポリペプチド系薬剤とは

ポリペプチド系薬剤(ぽりぺぷちどけいやくざい)とは、抗生物質の一系統。主に細胞脂質障害剤として利用されリポ多糖と酸性リン脂質に作用してホスホリパーゼを活性化し、リン脂質の分解を起させる作用がある。

ポリペプチド系薬剤の代表的な薬剤として

・コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム
・パシトラシン
・硫酸コリスチン
・硫酸ポリミキシンB

などが挙げられる。