遺尿:医学用語辞典

遺尿に関する用語の解説。

遺尿とは

遺尿(いにょう)とは、膀胱に貯まっている尿を無意識の内に排泄してしまう事を言う。幼児で3歳を過ぎても排泄の自立ができない状態を指すものの、通常は成長と共にこの現象は見られなくなる。夜尿症とも呼ばれる。