ジェネリック医薬品:医学用語辞典

ジェネリック医薬品に関する用語の解説。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品(じぇねりっくいやくひん)とは、後発医薬品のことを指す。成分や製造方法を対象とする特許権が消滅した先発医薬品について、特許権者ではなかった医薬品製造メーカーがその特許内容を利用して製造した、同じ主成分を含んだ医薬品の総称。対義語は先発医薬品。

ジェネリック医薬品を製造するメーカーは先発医薬品を開発した製薬メーカーと異なり、膨大な医薬品の開発費が必要ないことから、先発医薬品と比較して安価(2割~8割)の薬価で提供する事が可能となる。
また、ジェネリック医薬品の薬効および安全性については生物学的同等性試験という試験を経て販売されていることから、先発医薬品と同等の効果を期待することができる。