アルドステロン:医学用語辞典

アルドステロンに関する用語の解説。

アルドステロンとは

アルドステロン(あるどすてろん)とは、血中のナトリウムやカリウムの濃度を調整する副腎皮質ホルモンのこと。アルドステロンが過剰分泌されると、血中のナトリウム量が増加し血圧が上昇する。(アルドステロン症)

アルドステロンは副腎皮質球状層から分泌されている代表的なミネラルコルチコイドの一種で、主にレニン-アンジオテンシン系により分泌量が調整されている。