原因療法:医学用語辞典

原因療法に関する用語の解説。

原因療法とは

原因療法(げんいんりょうほう)とは、病気や疾病の原因を直接取り除いたり、人体の機能不全を埋めることを目的とする治療法のこと。例えば、肺ガンによる痛みがある患者に対し、ガンの部位を手術や薬剤により制御しようとする治療が原因療法である。病気に伴う症状や苦痛などを軽減する「対症療法」に対比する言葉。