抗がん剤:医学用語辞典

抗がん剤に関する用語の解説。

抗がん剤とは

抗がん剤(こうがんざい)とは、ガン細胞を死滅させる為に使用する薬剤の総称。主に全身に対する治療に用いられ、ガンが転移している場合も想定して全身のガン細胞を攻撃する為に抗がん剤は用いられる。しかし、抗がん剤といっても「癌細胞」のみを攻撃する事が出来ない事から、正常な細胞を攻撃する事もあり、強い副作用を持つことが一般的である。

抗がん剤を大きく分類すると「アルキル化剤」「代謝拮抗剤」「植物アルカロイド」などに分類することができる。以下にそれぞれの特徴を記述する。

・アルキル化剤(抗がん剤)
アルキル化剤は、抗がん剤において細胞の中で様々な電気陰性基をアルキル化することからその名称がつけられている。直接DNAを攻撃する事により主要の増殖を停止させる。シクロホスファミドブスルファン塩酸プロカルバジン、カルボコン、メルファランなどがアルキル化剤の抗がん剤であり、主に骨髄性白血病や悪性リンパ腫といった血液系のガンに対して使用される。

・代謝拮抗剤
代謝拮抗剤はプリン、ピリミジン、葉酸といった細胞の核酸合成に必要となる物質とよく似た構造を持つ抗がん剤で、ガン細胞が本剤を間違って取り込むことにより、ガン細胞は遺伝情報を転写することが出来ずに増殖を抑えることができる。「プリン体代謝拮抗剤(メルカプトプリン)」「ピリミジン代謝拮抗剤(フルオロウラシルテガフールカルモフール)」「葉酸代謝拮抗剤(メトトレキサート)」というように分類される。()内は代表的な抗がん剤の名称。それぞれの代謝拮抗剤により用いられるガンの種類は異なるが、白血病、消化器系ガンなどの治療に用いられる。

・植物アルカロイド
植物アルカロイドとは、植物という名前からも分かるように植物から抽出した毒素を抗がん剤として用いるものである。肺ガンや悪性リンパ腫などに用いられるエトポシドが代表的。

・抗腫瘍性抗生物質
カビの一種が合成する抗生物質で、ガン細胞におけるDNAと結合し、DNA鎖を切断したりDNA転写を阻害する事により抗がん作用を発揮する。皮膚ガンの治療に用いられる「ブレオマイシン」が抗腫瘍性抗生物質の代表的抗がん剤。

・ホルモン剤および抗ホルモン剤
女性の場合であれば、乳ガンに影響を与える「エストロゲン(卵胞ホルモン)」や「プロゲステロン(黄体ホルモン)」。男性の場合であれば前立腺ガンに影響を与える「アルドステロン(男性ホルモン)」。こういったガンに対して影響を与えるホルモンに対して逆の作用をするホルモンをガンの治療目的に用いる。


(関連):抗がん剤一覧